Header Navbar Logo

有料記事

CT Analysis第20回レポート『ステーブルコインの概要と現状 動向調査レポート』を無料公開

投稿日 2021年 07月 06日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

第20回『CT Analysis』が提供する無料レポート『ステーブルコインの概要と現状 動向調査レポート』に関して


今回のレポートは、昨今の市場の盛り上がりやDeFi分野におけるユースケースの急増により大きく発行枚数・市場規模を大きく伸ばすステーブルコインに関する内容となっています

Report Content Image

2014年に、米ドルを担保として常に1:1での交換・償還を可能にする形で、最初のステーブルコインとなるUSD Tetherが誕生しました。

現在、さまざまな種類のステーブルコインが誕生しており、その全体の市場規模は1兆ドルを超えるまでに成長しています。

Report Content Image

2020年後半より急拡大するDeFiのエコシステムでも、ステーブルコインはその主要なコンポーネントとして存在感を高めています。

USDCは現在250億USD相当が流通していますが、その半数近くとなる120億USD相当がEthereum上のDeFiエコシステムで利用されていることがわかります。

レポートではこの他にも各コインの概要や種類の解説、日本国内外の動向に関しても触れています。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    特集記事

    Stablecoin

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.