Header Navbar Logo

有料記事

Peer to Pool型のNFTレンディング 「BendDAO」の概要と清算イベント解説レポート

投稿日 2022年 09月 11日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

『BendDAO解説レポート』に関して


BendDAOは、8月の中旬の上位NFTコレクションのフロアプライスの急激な下落で、多くの担保NFTが清算の危機に見舞われました。今回のレポートではこのテーマに関して解説しています。

レポート内では、BendDAOのアーキテクチャや清算イベント、またそれを受けたプロダクトの仕様変更などの改善提案についてを解説しています。

Report Content Image

BendDAOの概要


BendDAOは、NFTを担保としてETHの借入ができるPeer to Pool型のレンディングプロトコルです。

時価総額上位の一部のNFTコレクションを担保として利用することができ、フロア価格の30~40%を上限としてETHの借入が可能です。

BendDAOでの利率は高めに設定されており、ETHをBendDAO内にデポジットすることで、ETHの借り手から利回りを獲得することができます。

プロダクト自体は、3月のリリース後、4月末~5月頭にかけて、BAYCのOthersideの土地購入WLでBAYC/MAYCの保有が条件となっていたことから、ホルダーのレバレッジ需要を吸収し大きく成長しました。

Report Content Image

ここでは、債務者による負債の返済、もしくはこれが行われない場合は入札額で担保の清算が行われます。

レポート内では、これらの仕組みや今回のケースを受けたBendDAO側の対応についても詳しく解説を行っています。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    特集記事

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.