Header Navbar Logo

有料記事

2023年7月度NFTマーケット動向レポート

投稿日 2023年 08月 12日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

『CT Analysis』が提供する『7月 NFT マーケット動向調査のレポート』に関して


今回のレポートは、7月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。7月もまたNFT市場は全体的に取引ボリュームが減少し、2021年のバブル前の水準まで低下しました。

7月は、Louis Vuitton、GUCCI、Dior、Bulgariの動きがありハイブランドと呼ばれる企業が多数NFT(またはSBT)を扱ったサービスの提供、発表を行なっています。

e10f7835ec70409be2be9a729116098a-1

プロジェクト毎のランキングでは、BAYCがまたも1位となっています。7月は新規プロジェクトのランクインはありませんでした。過去にランクインしたことのあるプロジェクトのみでランキングが形成されています。

ゲームに関連するプロジェクトが、3つランクインしています。Sorareは、数ヶ月前からランクインするようになり、6月の取引ボリュームと比べても安定した取引ボリュームを記録しています。

50f2525b935c3201214f38f7d494f7c4

個別のNFTの取引ランキングでは、CryptoPunksが多くランクインしました。BAYCと合わせると、Yuga Labs銘柄が8つランクインしています。

珍しい点では、SuperRareで取引をされているアートNFTがランキングに入っていました。ArtBlock関連のアートNFTがランクインすることはよく目にしましたが、SuperRareのようなアートプラットフォームの取引がランクインするのは珍しいです。

c4a1a5cd1d5e8c99780f7c0b339a9053

Solana NFTの市場は、7月下旬が大幅に取引ボリュームが減少しています。7月上旬には、2日間だけ取引ボリュームが増加した日がありました。この2日間は、SMB関連のプロジェクトが影響していることが予想されます。

SMB Gen3がリリースされたことが全体的な取引ボリュームにも影響しました。SMB Gen3は、Magic Edenでの取引ボリュームで1位となっています。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    月次レポート

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.