Header Navbar Logo

有料記事

パブリックチェーンにおけるシビル耐性に関連する動向と課題

投稿日 2023年 09月 26日

Featured Image

記事のシェア

目次

シビル耐性レポート概要


本レポートでは、分散型システムにおける偽のアイデンティティ(シビル)作成による、リソース配分歪曲の影響とこの耐性確立に取り組むプロジェクト動向をテーマとしています。

特に分散型アプリケーションの領域では、ベースレイヤーの持つシビル耐性を持たないため、単一のユーザーが不正に利益を上げるケースが多発しています。

WorldcoinをはじめとするProof of Personhood(PoP, 人間性の証明)に取り組むプロダクト群は、この課題解決を目指し、より公平な経済圏構築の重要なピースとなる可能性があります。

レポート内容紹介① Proof of Personhoodとは


3e0024ee63d229167160719a4e31fd2e

PoPは生体認証をはじめとして、さまざまな方法でアイデンティティの唯一性を証明するための手法です。

ユーザーはPoPの発行体が指定する情報を提供することで、人間であることを自身の情報を明かさずに第三者に証明できるようになります。

Worldcoinでは虹彩認証、その他ソーシャルグラフやリバースチューリングテストなど、さまざまなアプローチの認証方法が登場し始めており、これがアプリケーションに統合されることで、より公平なリソース分配システムが実現される可能性があります。

レポート内容紹介②アイデンティティのアグリゲーター


Gitcoin Passportなどのアプリケーションは、PoPのみならず、ユーザー個人が保有するアイデンティティをアグリゲートし、VC(検証可能な資格情報)として第三者に証明を可能にするプロダクトになります。

a3d5eca9f4784fea81930f52fef6cb6f

単一のPoPを利用する代わりに、複数のアイデンティティを選択的にパスポートに追加できることで、結果として人間であることのもっともらしさをスコアを通じて濃度で算出することができます。

一定のスコアや条件を閾値として、ゲートを設けたり、ルールの設定を行うことで、Dappsのみならず、オンラインのあらゆるアプリケーションでユーザーの独自性を高い確率で担保し、よりよい体験を創り出すことが可能になります。

免責事項


・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。

・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。

・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

前の記事

2023年9月17日-9月23日資金調達を実施したPJ 10選

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    特集記事

    Layer1

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.