Header Navbar Logo

有料記事

2023年10月度NFTマーケット動向レポート

投稿日 2023年 11月 11日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

「10月 NFT マーケット動向調査のレポート』に関して


今回のレポートは、10月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。10月は、下旬からBlurの取引ボリュームが回復しつつあります。また、NFTアートのプロジェクトがランクインするなど9月とは少し違った動向が伺えました。

6463dd7f679974df6925b261b99a7d71

プロジェクト毎のランキングでは、9月より引き続きDMarketが1位となっています。BAYCは、2位まで順位を上げています。

注目すべきなのが、Winds of Yawanawaがランクインしたことです。アート系のプロジェクトが単体でランクインするのは、珍しいことです。作者のRefik Anado氏の作品がニューヨークの近代美術館であるMoMAに常設コレクションとして取得されたことが注目され、ランクインに繋がったと考えられます。

a79ed7373accc99a49c9355f8bbe956a

各マーケットプレイスの取引ボリュームは、静かな市場となっていましたが、10月下旬からBlurの取引ボリュームが回復していることがわかっています。Azuki、Milady、DeGodsなどのNFTコレクションの取引が増えたことが影響していると考えられます。

トレーダー数では、BlurよりもOpenSeaの方が多い状態になっています。このことから、ユーザー数は未だOpenSeaが多いことが推測できます。

f2e2be2adda21247939c87082c4fe6e6

Googleトレンドの確認したところ、Pudgy Penguinsのキーワードボリュームがイギリス内で急上昇していることがわかりました。おそらく、要因としてはイギリスのSmyths ToyでPudgy Toysが販売されたことが影響していると考えられます。

免責事項


・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。

・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。

・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    月次レポート

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.