Header Navbar Logo

有料記事

NFTプロジェクト『Digidaigaku』の関連エコシステム

投稿日 2023年 07月 21日

Featured Image

記事のシェア

目次

DigidaigakuはLimitbreak社が発行するNFTコレクションシリーズで、今までに多くのNFTコレクションを発行しており、DigiDaigaku NFTホルダーに対してのエアドロ、もしくは特定のNFTをバーンすることによってフリーミントで発行されてきました。

今回は、前編に引き続きDigidaigakuの多く存在するエコシステムによるコレクションを紹介していきます。

Digidaigakuのプロジェクト紹介は前編のこちらの記事を参考ください。

Digidaigaku に関する概要 -Limitbreak社が発行するNFTコレクションシリーズ-

DigiDaigakuのローンチしてきたコレクション


image36

DigiDaigakuは今までに多くのコレクションをフリーミント、もしくはホルダーへのエアドロを実施してきました。 DigiDaigakuのコレクションはChibi Genesis以外がイーサリアムチェーンで展開されており、ERC-721で発行されています。

image32

また、特定のコレクションのNFTを組み合わせてNFTをBURNする「クエスト」と呼ばれるゲーム要素も組み込まれており、ユーザーがNFTを保有しながらゲーム体験も同時にできるように構築されています。

DigiDaigaku Genesis


image16

枚数 2022 枚

発行月 2022年8月

価格 フリー

フロア価格 3.288 ETH

2次取引Volume 28,432 ETH  ※2023/5/31時点

image6

出典元:https://dune.com/queries/1282540/2197671

DigiDaigaku最初のコレクションGenesisは、2022年8月に予告のないステルスミントで2022枚のミントが実施されました。フリーミントだったにも関わらず8月末にはフロアプライス24,720USDを記録しています。

image51

レアリティ1位のDigiDaigaku Genesis 1632は2022年10月に200ETHの2次取引が成立しており、当時価格の約267,600USDで取引されています。

image23

出典元:https://dune.com/thatblockchainguy404/digidaigaku-genesis

その他にもレアリティTop10のGenesisは20ETH以上の高価格で2次取引されています。

image35

Genesisを保有するウォレットも2022年9月あたりに200人に達し、その後も右肩上がりで上がり続け、2023年5月には約800人ほどとなっています。

前の記事

2023年7月9日-7月15日資金調達を実施したPJ 10選

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    特集記事

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.