Header Navbar Logo

有料記事

2023年12月17日-12月23日資金調達を実施したPJ 9選

投稿日 2023年 12月 26日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

Fyde Treasury Protocol


1500x500

OP Crypto Venturesが主導するシードラウンドで、320万ドルを調達。他には、Arrington Capital、Big Brain Holdings、Merit Circleが参加。

“Liquid vault”ソリューションによって、トレジャリーエコシステムの拡大を目指す


Fyde Treasuryは、元NASAの科学者が率いるブロックチェーン技術企業であり、オンチェーントレジャリーに注力しています。

Fyde Treasuryの“Liquid vault”ソリューションを用いることで、トレジャリー周りのエコシステムが強化され、「資産分散」、「利回り創出」、「トークンの流動性」、「ガバナンスの維持」の四つが実現されるとのことです。

Fyde Treasuryのプロトコルは、シミュレーション・エンジンによってストレステストがされ、最適化されています。このシステムは、ヒューリスティックかつ確率的なエージェントベースのモデリングを用いてトークノミクスデザインをモデル化しており、ブロックチェーン企業、分散型コンピューター、トークン保有者間においてインセンティブ構造を作成しています。

2023年12月にイーサリアム上でローンチされたばかりであり、同社はFyde Treasury Protocolの流動性オンランピングプロセスに参加し、FYDEポイントを獲得するよう呼びかけています。

今回調達された資金は、数十億ドル規模のオンチェーントレジャリートークンを扱うというFyde Treasuryのビジョン達成のために用いられます。

公式サイト:https://www.fyde.fi/

X:https://twitter.com/FydeTreasury

Docs:https://fyde.gitbook.io/product-docs/overview/introduction-to-fyde

Medium:https://medium.com/@fydetreasury

Linkedin:https://www.linkedin.com/company/fydetreasury/

Blog:https://www.fyde.fi/blog/

Frame


1500x500-1

Electric Capitalが主導するシードラウンドで、資金調達(額は不明)。

NFTの採用を拡大することを目的としたイーサリアムのレイヤー2ソリューション


Frameは、イーサリアムエコシステム全体でNFTの採用を拡大するために設計されたイーサリアムレイヤー2です。FrameはEVMと同等であり、MetaMask、Foundry、Hardhatなどの既存のイーサリアムツールをすべてサポートしています。

Frameでは、NFTを中心としたシステム構築がされており、Frameのカスタム実行クライアントは、委任、正規レジストリの読み取りと書き込み、コントラクトアカウントのやり取りなど、NFT中心のユースケースを最適化しています。

また、クリエイターに対してもメリットが生み出されるような仕組みとなっており、ロイヤリティは、FrameがNFTの流動性のために制定したプロトコルであるPalette Protocolを使用することで強制されることになっています。

今回の資金調達の発表に伴って、Frameが発行するトークン$FRAMEのエアドロップの発表もされました。過去2年間にETHでNFTを取引した人が対象となっています。

公式サイト:https://www.frame.xyz/

X:https://twitter.com/frame_xyz

Docs:https://www.docs.frame.xyz/

Discord:https://discord.com/invite/framexyz

Fiat Republic


1500x500-2

Kraken Ventures、Fabric Ventures、Arca、Inovo Ventures、Speedinvest、Credo Ventures、Seedcampが参加するシードラウンドで、700万ドルを調達。

伝統的金融とWeb3の橋渡しに注力するフィンテックプラットフォーム


Fiat Republicは、ロンドンを拠点としており、伝統的金融とWeb3のギャップを埋めるバンキング・アズ・ア・サービス(BaaS:Banking as a Service)プラットフォームです。また、同社は、様々な通貨やグローバルな決済ネットワークにおけるセキュリティ、コンプライアンス、アクセシビリティを重視しています。

Fiat Republicのプラットフォームはクリプトに親和的な銀行を集めており、単一のAPIを介して、複数通貨の口座を簡単に作成し、現地の決済レールやFXにアクセスできるようにしています。Fiat Republicが提供するAPIは、企業はフィアット取引とクリプト取引の両方をシームレスに統合することを可能とするものです。

今回の資金調達の発表に伴って、オランダ銀行(DNB)から電子マネー機関(EMI)の免許を取得し、欧州経済領域全域で規制対象の金融サービスを提供できるようになったことも発表されました。これは、Fiat Republicが1年以上運用を続けている英国でのEMIライセンスに追加されるものです。

このオランダのライセンスにより、Fiat Republicプラットフォームは、開発者フレンドリーなAPIを通じて、EEAのクリプトプラットフォームに決済サービスを提供し、電子マネーを発行することが可能となりました。

今回調達された資金は、戦略的雇用、銀行パートナーシップの強化、新地域への拡大などに用いられます。

公式サイト:https://fiatrepublic.com/

X:https://twitter.com/FiatRepublic

Blog:https://fiatrepublic.com/blog/

Linkedin:https://www.linkedin.com/company/fiatrepublic/

Voi Network


1500x500-3

Arrington CapitalとSonic Boom Venturesが主導するシードラウンドで、資金調達(額は不明)。

Algorandブロックチェーンからのフォークとして誕生:Algorandとは対照的なマーケティング戦略を採用


Voi Networkは、Algorandブロックチェーンからのフォークであり、ブロックチェーン開発プラットフォームReachとAlgorand分散型取引所HumbleSwapの共同設立者であるChris Swenor氏によって率いられています。

上記の設立経緯から、Voi NetworkはAlgorandの技術に基づいて構築されたユーザー中心のレイヤー1ブロックチェーンとなっています。しかし、Algorandのコードをフォークしているだけで、チェーンの状態をフォークしているわけではないとのことです。

Algorandは現在、ユーザーを惹きつけることに苦心しており、DeFi Llamaによると、7日間のdex取引量は現在1000万ドル未満となっています。

Voi Networkの試みとして、Algorandが機関投資家向けであることとは対照的に、「会員制インフラ」に重点を置き、市場参入戦略の一環として、より小規模なアプリケーションに集中する予定とのことです。

公式サイト:https://www.voi.network/

X:https://twitter.com/Voi_Net

Whitepaper:https://www.voi.network/_files/ugd/7dc173_8e16834f2fbd4866a957d441f392d578.pdf

Discord:https://discord.com/invite/vnFbrJrHeW

Github:https://github.com/orgs/VoiNetwork/repositories

Reddit:https://www.reddit.com/r/Voi_Net/?rdt=45112

Formless


Formless

a16z crypto、CSS、MH Ventures、Wgmi Ventures、Contango Digital Assets、Zypsyが参加するプレシードラウンドで、220万ドルを調達。

独自開発の「Share Protocol」を通じて、クリエイターのコンテンツ収益化を支援


Formlessは、分散型メディア・アプリケーション「Share Protocol」の開発を行っているテクノロジー企業です。

Share Protocolは、アーティストやクリエイターがスマートコントラクトを通じてデジタルメディアコンテンツを収益化する仕組みを提供する分散型プラットフォームです。

Formlessは、ユーザーがコンテンツにアクセスし消費することを可能にするDAppインターフェイスですが、他のインターフェイスを構築し、Shareスマートコントラクトのオンチェーンに接続することが可能となっています。

今回調達された資金は、Share Protocolの推進、製品とエクスペリエンスの強化に使用されるとのことです。

公式サイト:https://www.formless.xyz/

Shareプラットフォーム:https://share.formless.xyz/

X:https://twitter.com/formless_xyz

Discord:https://discord.com/invite/aeXrhYxwkr

Tres Finance


1500x500 1

Factionが主導するシリーズAラウンドで、1100万ドルを調達。他には、New Form、Cyber Fundなどが参加。

Web3企業向けに特別に設計された暗号資産会計・税務レポーティングプラットフォーム


Tres Financeは、組織におけるクリプトの財務業務及び管理に焦点を当てたソリューションを提供しています。

Tres Financeは、Uniswap、Curve、Aaveといった人気のDeFiアプリケーションや、Coinbase、Binanceといった主要なCeFi取引所とシームレスに統合する統一プラットフォームへのアクセスを可能としています。また、Plaidとの統合によって、クライアントのデジタル資産取引を財務ライフサイクル全体で照合することが強化され、監査、税務、報告要件へのコンプライアンスが保証されているとのことです。

同社は今年、SOC 1 Type 2およびSOC 2 Type 2の認証を取得しており、これによりWeb3領域における信頼性の基盤をより確固たるものとしています。また、60のネットワークをシームレスに統合しており、これらによってWeb3における財務活動がより統合されていっています。

現在、Tres Financeの収益は向上しており、前四半期比325%という成長をしています。同社がサポートしている主要企業として、1KX、P2P、Chorus One、Kiln、Alchemyなどが挙げられます。

今回調達された資金は、あらゆるブロックチェーンにおけるすべての財務活動を正確に追跡、監視、報告する包括的なソリューションの提供のために使用されます。

公式サイト:https://www.tres.finance/

X:https://twitter.com/TresDotFinance

Blog:https://www.tres.finance/blog-main

Linkedin:https://www.linkedin.com/company/tresfinance/

4EVERLAND


1500x500-1 1

Arweave、WaterDrip Capital、Bing Venturesなどが参加するラウンドで、200万ドルを調達。

Web2.0からWeb3.0への移行を促進するためのWeb3クラウドコンピューティングプラットフォーム


4EVERLANDは、様々なDePIN基本インフラとプロトコルの統合や組み込みに専念しており、Web3開発者に対して、便利で効率的かつ費用対効果の高いインフラサービスを提供することを目的としています

開発の過程で、4EVERLANDはストレージ、ネットワーキング、コンピューティングの機能を統合することに成功しており、既に多くのエコシステムと協力関係やサポートを築いています。主要なものとしては、分野ごとに以下の企業が挙げられます。

  • ストレージプロトコル:IPFS、Arweave、Filecoin、BNB Greenfieldなど
  • ネットワーク:Ethereum、Polygon、Solana、ZkSync、Opbnb、BNB Chain、Linea、Arbitrumなど
  • 分散型ドメイン:ENS、SpaceID、.bit、Bonfidaなど

現在、4EVERLANDは、分散型フロントエンドホスティング、分散型ストレージ、RPCなどといった様々な機能を提供しており、開発者はWeb3アプリケーションを容易に構築することができます。現在までに、Snapshot、RSS3、Lenster、Lenstube、SyncSwapを含む23万人以上の開発者と13万以上のプロジェクトが4EVERLANDを利用しています。

その他にも、多くの企業から支援を得ており、Polygon、Protocol Labs、Dfinity、Arweaveを含む複数のエコシステムから助成金を得ているだけでなく、BNB Chain Zero2Hero Incubatorで選ばれていることでも知られています。

今回調達された資金は、4EVERLANDの開発やビルド、グローバルな成長と発展の推進のために使用されます。

公式サイト:https://www.4everland.org/

X:https://twitter.com/4everland_org

Docs:https://docs.4everland.org/

Medium:https://4everland.medium.com/

Discord:https://discord.com/invite/4everland

Github:https://github.com/4everland

Telegram:https://t.me/org_4everland

Reddit:https://www.reddit.com/r/4everland/

web3mine


1500x500-2 1

1kxが主導するシードラウンドで、600万ドルを調達。他には、Protocol Labsが参加。

ハードウェアを組み合わせたオープンで分散型のコンピュートインフラを構築することに特化したイノベーションラボ


web3mineは、資本とハードウェアを組み合わせたオープンかつ高性能で弾力性のあるコンピュートインフラを構築しています。

web3mineは主要なサービスとして、以下の2つを展開しています。

  • ハードウェアの収益化: ハードウェアの所有者は、ジョブを完了することで、資産とそれらが提供するユーティリティ(ストレージ用のハードドライブ、計算ワークロード用の回路、データ移動用のネットワーク機器など)を簡単かつ効率的に展開し、収益化することが可能です。
  • 流動性ステーキング: 暗号資産の保有者は、分散型ネットワークの成長を助けるためにトークンをデプロイすることができ、その報酬としてステーキング報酬得ることが可能であり、分散型ネットワークが作成する価値に参加することができます。

web3mineの製品はFilecoinエコシステムで稼動しており、FilecoinネットワークのネイティブトークンであるFILのマイニングプロセスの簡素化、最適化、オープンアクセスを支援しています。

web3mineが開発した技術とステーカーが提供する資本を活用することで、ハードウェア事業者は事業の効率的な拡大、大幅なコスト削減の推進、暗号資産のボラティリティへのエクスポージャーを減らすことができます。

そして、web3mineはこれらのコスト削減をステーカーに還元し、ステーカーは最大25%の年間推定利回りで利益を得ることが可能となっています。

今回調達された資金は、同社のコアサービスの開発に使われるとのことです。

公式サイト:https://www.web3mine.io/

X:https://twitter.com/web3mine

Docs:https://docs.web3mine.io/

Blog:https://www.web3mine.io/blog

Discord:https://discord.com/invite/xpvQgYDHC7

Github:https://github.com/filmineio/

Addressable


1500x500-3 1

BITKRAFTが主導するラウンドで、600万ドルを調達。今回は2回目の資金調達であり、総額は1350万ドル。他には、Karatage、Viola Ventures、Fabric Ventures、Mensch Capital Partnersなどが参加。

より簡素で効果的なWeb3マーケティングが出来るよう支援


Addressableは、Web3マーケティング企業であり、Web3のマーケティング担当者がソーシャルメディアのアカウントやウォレットからデータを収集し、類似性に基づいて情報を照合し、より正確なプロフィールを構築してターゲットを絞ることを可能としています。

Addressableは今年、顧客基盤の構築に注力しており、ゲーム、金融アプリ、取引所、インフラ企業などを含めて、Web3分野の50以上の企業と750を超えるキャンペーンを行ってきました。

現在では、Addressableの機能は大幅に拡張され、Bloomberg、The New York Times、Yahoo Financeを含む40万を超えるウェブサイトにおけるクリプトウォレット所有者のアトリビューションが可能となりました。また、X(Twitter)広告ネットワークの初期カバレッジに加え、Unity、Pubmatic、Magniteを含む3つの新しい広告ネットワークにもリーチしています。

また、Addressableの1-Click SDKインストールは、Googleによって承認されており、Google Tag Managerで利用可能となっています。これにより、マーケティング担当者の統合プロセスが簡素化され、ウェブサイトやブロックチェーンのコンバージョン、ウォレットの接続を簡単に追跡できるようになっています。

Addressableは将来的に、Redditを含む新しい広告ネットワークの統合や、正確なパフォーマンスのために追加のブロックチェーンサポートなどを行っていくとのことです。

公式サイト:https://www.addressable.io/

X:https://twitter.com/addressableid

Linkedin:https://www.linkedin.com/company/addressableio/

免責事項


・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。

・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。

・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

・筆者は、本文中で触れている暗号資産を保有している可能性があります。こちらのレポートに書かれている見解は、筆者の個人的なもので、情報提供のみを目的としています。トークンの売買やプロトコルの利用を推奨するものではありません。また、本レポートは投資アドバイスではないことをご留意ください。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    無料公開

    資金調達

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.