Header Navbar Logo

有料記事

NFTと地方創生 調査レポート

投稿日 2023年 12月 21日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

『NFTと地方創生レポート』に関して


本レポートは、日本国内における地方創生に関連する取り組みについて、NFTやWeb3の技術を利用する事例の調査を行います。

この調査では、地方創生の概要と業界における取り組みを分析し、Web3における地方創生のアプローチの解像度を高めることを目指します。

こちらのレポートを読了いただくことで、日本国内におけるWeb3と地方創生の取り組みの現状や課題、将来的なアプローチについてを知ることができます。

地方創生について


地方創生とは、2014年にアベノミクスの第四の矢として導入されたタームであり、人口の減少や超高齢化、都市への人口集中等の社会課題に対応するための対策を指します。

レポートの序盤では、地方創生の既存のアプローチについて、Web3の関連技術を導入する際の前提となる事項を確認します。

地方創生におけるNFTの活用


その後、既存のアプローチにどのようにWeb3の関連技術が利用され得るポイントを、ケーススタディを中心に調査し、どのようなプロジェクトが興味深い結果を残しているのかを分析します。

また、このようなプロジェクトが地方創生の取り組みの目的達成にどんな役割を果たしているかを明らかにします。

技術活用における課題


成功例を取り上げた上で、今後地方創生の推進におけるテクノロジー活用の課題等についても考察します。特に高齢化が進む地方においては、デジタルの導入やコミュニケーション、意思決定、利害の相反など、様々な課題があると考えられます。

また、その上でWeb3関連技術で地方創生を実現していくために、どのようなポイント技術が適用されるべきかについても考察します。

免責事項


・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。

・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。

・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    特集記事

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.