Header Navbar Logo

有料記事

2024年4月 DeFiマンスリーレポート

投稿日 2024年 05月 20日

Featured Image

記事のシェア

目次

2024年4月のDeFiマンスリーレポート


本レポートは、2024年4月のDeFi市場動向をまとめたものになっています。

マーケット概観と定点データ


-E3-83-9E-E3-83-BC-E3-82-B1-E3-83-83-E3-83-88-E6-A6-82-E8-A6-B3-E3-81-A8-E5-AE-9A-E7-82-B9-E3-83-86-E3-82-99-E3-83-BC-E3-82-BF
  • 4月のビットコイン相場は、大きな下落を見せた月となりました。上旬は7万ドル前後で推移していたものの、中東情勢の悪化によるリスクオフ思考により、中旬には一時6万ドルを割り込むこともありました。その後は、中東情勢に対する見通しの改善から価格は回復傾向を見せましたが、ETFからの資金流出といった事例も重なり、最終的には6万ドルほどにまで落ち込みを見せています。全体として15%ほど価格が下落し且つ、未だ不安定な状態が続いていると言えるでしょう。
  • 不安定な市場の中で、 BTCドミナンスは2.5%ほどの上昇を見せました。アルトからビットコインに資金が動いたと見做せます。
  • しかしながら、全体のTVLは大きな下落を見せておらず、またステーブルコインのTVLが増加傾向であることから、投資家や一般ユーザーたちが一時的にステーブルコインへと資産移す動きが盛んとなっているだけであり、クリプト市場そのものから撤退している訳ではないと思われます。
  • 4月10日、EigenLayerのメインネットがローンチしました。現在話題のリキッドリステーキングの中心プロジェクトであり、今後のLSTやLRTの資金の流れに大きな注目が集まります。

プロダクト動向


EigenLayer


4月10日、EigenLayerとEigenDAがイーサリアムのメインネットでローンチ。これにより、リステーカー(restaker)、オペレーター、AVS、ロールアップの新機能が可能となりました。

同月30日には独自トークン$EIGENのホワイトペーパーやエアドロップも発表されました。

流動性リステーキングの中心プロダクトが本格稼働し始めたこともあり、その他の周辺プロダクトの動きにも注目が集まります。

https://twitter.com/eigenlayer/status/1777757913718899074

Uniswap


Uniswap CEOのヘイデン・アダムス(Hayden Adams)氏が、自身のXにて、SECからウェルズ通知を受け取ったことを報告しました。ウェルズ通知とは、SECが被申立人を告発する意向であることを示す正式な通知です。

これによりUNIトークンは急落し、2月以来の安値となりました。

アダムス氏は、最高裁まで争われるかもしれないと述べ、裁判で戦う意志を見せています。

Uniswap Labs Received a Wells Notice from the SEC

Gitcoin


弱気相場に対する備えとして、500万ドルのGTCをステーブルコインに交換することが提案されました。

交換手順として、週30万GTCを12ヶ月間売却、週20万GTCを18ヶ月間売却の2通りの方法が提示されています。

Converting $5M GTC to Stables

DeFi ロック総額(TVL)推移


L2 TVL
  • L2ではBaseの大きな伸びが目立ちます。この背景として、ミームコインやFarcasterの流行だけでなく、Base Ecosystem FundからのAerodromeへの出資などUSDCを中心としたエコシステムの拡大が考えられます。

免責事項


  • 本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。
  • 本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。
  • 本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

前の記事

5月5日-5月11日資金調達を実施したPJ 9選

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    DeFi

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.