Header Navbar Logo

有料記事

2022年10月NFTマーケット動向レポート

投稿日 2022年 11月 08日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

『CT Analysis』が提供する『2022年10月 NFTマーケット動向調査のレポート』に関して


今回のレポートは10月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。OpenSeaの取引ボリュームは、9月より低下し6ヶ月連続の下落を見せています。Solana NFT市場は、一時的にSolanartが取引ボリュームを増加させました。

Report Content Image

1位のBAYCと2位のSorareは、9月から引き続き同順位に位置をしています。BAYCとSorareの取引ボリュームの差が、かなり縮まっていることがわかります。11月には逆転している可能性すらあります。

10月に注目されたのは、Art Gobblersです。現在、2000枚が流通し高い取引ボリュームを記録してランクインしました。残りの8000枚は、約10年間かけて発行されていく予定です。

Report Content Image

OpenSeaは、取引ボリュームが9月より下落していきました。2021年7月水準となっています。取引ボリュームの比較データを見ると、Blurが取引ボリュームを伸ばしていることがわかります。こちらは、キャンペーンの影響もあると考えられます。

今後は、手数料(フィー)関係でマーケットプレイスの市場が変わっていくことが予測できます。他のマーケットプレイスが手数料(フィー)を任意で決められる状態になっていることが、OpenSeaに影響を与えています。

Report Content Image

手数料(フィー)関係で影響が出たのは、Solana NFTも同じでした。Solanartがフィーをゼロにしたことで、Magic Edenからユーザーが流れていた傾向がデータで伺えます。10月15日にMagic Edenもフィーに関しての改正を行なったことで、ユーザーがMagic Edenに戻ったようなデータが出ています。

他にも10月のコレクティブル市場やトレンド比較などをデータとしてまとめているので是非ともお読みください。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    月次レポート

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.