Header Navbar Logo

有料記事

2023年2月NFTマーケット動向レポート

投稿日 2023年 03月 05日

Featured Image

記事のシェア

目次

『CT Analysis』が提供する『2023年2月 NFT マーケット動向調査のレポート』に関して


今回のレポートは、2月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。2月も1月と同様にOpenSeaの取引ボリュームは前月を上回りました。

また1000ETHで取引がされたNFTも出てきており、ここ数ヶ月では活気のある月となっていました。

Report Content Image

取引ボリュームランキングでは、YugaLabsのNFTが1位から4位まで独占する状態になりました。Sewer Passが1月に引き続き、ランクインしています。

jackbutcher氏が作成した、Checks VVとOpepenがランクインしました。バーン機能がCheck VVで実装され注目されたことが要因と考えられます。それに伴い、過去に発行したOpepenも再注目されました。

Report Content Image

Sewer Passのキーが1000ETHで取引されました。このNFTは、Dookey Dashで1位になったプレイヤーに渡された唯一のNFTとなっています。プロゲーマー兼ゲーム配信者のMongraal氏が所有していましたが、1000ETHで売却されたようです。キーのユーティリティはまだ明らかになっていません。

Report Content Image

Solana NFTの市場は、1月より大きく減少しています。目立った動きがあるプロジェクトがなかったためと考えられます。この数値は2022年10水準くらいとなっています。ランクインしているSolana NFTのプロジェクトの多くが取引ボリュームが1月の約30%減となっていました。

前の記事

Arbitrumの直近の成長要因の分析と関連プロダクト調査

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    月次レポート

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.