Header Navbar Logo

有料記事

NFTマーケットプレイス Blur概要と考察、OpenSeaとの比較

投稿日 2023年 03月 19日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

CT Analysis『Blur概要と考察、OpenSeaとの比較』について


今回のレポートでは、NFTマーケットプレイスのBlurについて概要解説と考察を行っています。ローンチから数ヶ月で取引ボリュームを急増させたマーケットプレイスBlurはどのような施策があったのか?をまとめてあります。

また、OpenSeaとの比較や今後の考察に関しても掲載してありますので、ご覧下さい。

Report Content Image

Blurは、NFTマーケットプレイス兼アグリゲーターとしてリリースされました。自身のマーケットプレイスでNFTの売買ができるだけでなく、OpenSeaやLooksRareなどの外部に出品されているNFTも取引が可能となっています。

高速なマケプレ、エアドロップ、取引手数料ゼロを特徴としてローンチされました。アグリゲーターとしては、正式ローンチから数日後に取引ボリューム1位となっています。

Report Content Image

Blurで最も注目された機能とも言えるのが、Bidシステムです。FTの取引の時にある買い板のような機能をしており、この機能でNFTに対しての買い手を可視化することができています。

NFTは、売りに出してから買い手がいるのか初めてわかる状態でしたが、Bidがあることで売りに出す前から買い手の確認をすることができます。エアドロップ施策と組み合わせて公開させたことにより、Bidを活用するユーザーは急激に増加しました。

Report Content Image

エアドロップに関しても仕組みを解説しつつ、考察も行なっております。今までNFTマーケットプレイスでエアドロップを行ってきたところは存在していますが、Blurの場合は複数の施策を混ぜながらエアドロップを行なっている印象でした。これにより、プロモーションとしての効果は他のエアドロップより成果があったと感じられます。

この他、OpenSeaとの比較や今後の考察も行なっているので、レポートをお読みください

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    特集記事

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.