Header Navbar Logo

有料記事

NIKE、adidas、PUMAのWeb3動向比較レポート

投稿日 2023年 07月 11日

Featured Image

記事のシェア

目次

CT Analysis『NIKE、adidas、PUMAのWeb3動向比較レポート』について


今回のレポートでは、世界的に有名なスポーツブランドであるNIKE、adidas、PUMAのWeb3領域への取り組みに焦点を当て、それぞれの動向を詳細にリサーチし、比較しています。これらの3社がNFTやWeb3領域に活動的であることを既に知っているが、具体的な内容について深くは把握していない方々に向けたものです。

1-1-2

3社の基本的な情報からWeb3への参入解説を行なっています。レポート内では、3社の参入タイムラインを具体的に記載してありますので、比較をしやすいレポートとなっています。

2

これまでのNFTコレクションをレポート内でピックアップしてあります。フィジカルアイテム交換後のNFTもありますので、フロアプライスが参考にならないものもあります。また、交換期限が過ぎてしまっているコレクションも存在しますので、間違って購入しないように気をつけてください。

今回ピックアップしたことで、意外にもNIKEのコレクションが1番数が少ないことがわかりました。RTFKTのコレクションまで含めると圧倒的な数になりますが、NIKE名称で絡んでいるコレクションは、adidasとPUMAより少なかったです。

3-1

レポート終盤で、Web3関連のスニーカーアイテムの比較を行なっています。NIKEとPUMAは、NFCチップを搭載したスニーカーを提供していますが、adidasはまだ提供していません。NIKEとPUMAはNFTを介してスニーカー販売を行なっていましたが、adidasは一般販売を行なっていることも違いであります。(※トークンゲートとしての利用はあり)

前の記事

Web3ゲームにDeep Dive:Web3ゲームの評価フレームワーク

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    特集記事

    NFT

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.