Header Navbar Logo

有料記事

ブロックチェーンのData Availabilityに関する調査レポート

投稿日 2024年 01月 19日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

Data Availability(以後DA)とは、トランザクションのデータが利用可能な状態であり、データからブロックの再構成が可能である状態を保証するためのロジックです。オンチェーンにデータを記録するコストは非常に高く、ネットワークではデータの可用性を保証するために多くのコストが費やされています。

本レポートのテーマであるDAの領域では、ネットワーク参加者がより小さなデータでスケーラビリティを実現できるテクニックやモジュラー型のチェーン周辺のスタック成熟により、従来のブロックチェーンよりも処理を大幅に効率化できるようになってきています。

本レポートを読了いただくことで、ブロックチェーンのスケーリングにおけるDAのポジション、DAの担保に利用される要素技術とアドバンテージ、現在のランドスケープをご理解いただけます。

ブロックチェーンのスケーリングについて


ブロックチェーンのスケーリングにおいて、セキュリティ・分散性・スケーラビリティを3つ同時に達成するのは難しいとされており、これはトリレンマとも呼ばれています。スケーリングのアプローチとして、ブロックのサイズを大きくすることは、ノードのリソースが大きくなることを意味し、少数のノード間通信で処理速度を向上させると、今度は障害耐性が影響を受けます。

DAを通じたスケーリングでは、データをオフチェーン側にオフロードすることで、オンチェーンのストレージ要求を軽減します。また、本レポートで紹介するDASのようなテクニックは、暗号学的な安全性を担保しながらスケーリングが可能であり、注目されています。

DAを担保するテクニック


DAを担保するテクニックとして、数学的な正しさを保証する様々なものが導入されています。

レポート内で紹介している、Erasure Code(イレイジャーコード)やコミットメントスキームなどの概念は、オンチェーンで保持するデータを圧縮するためのテクニックであり、紹介するプロダクトでも積極的な採用が見受けられます。

-E3-82-B9-E3-82-AF-E3-83-AA-E3-83-BC-E3-83-B3-E3-82-B7-E3-83-A7-E3-83-83-E3-83-88 2024-01-16 16.26.56

コミットメントスキームについて(レポート内より抜粋)

プロダクト紹介


このセクションでは、Celestia, Avail, EigenDA, Ethereum (Danksharding)の4つのプロダクトを紹介し、どのような技術が利用されているのかなど、を紹介し比較しています。

利用されるテクニック別の比較やセキュリティ面での特徴についても解説しています。

免責事項


・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。

・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。

・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    目次

    記事のシェア

    Navbar Footer Image

    © CT Analysis. All rights reserved.