Header Navbar Logo

有料記事

ビットコインレイヤー:信頼不要な金融時代の綴りPart 1 [日本語版]

投稿日 2024年 01月 18日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

この記事は2024年1月18日にSpartan Groupが執筆した「Bitcoin Layers: Tapestry of a Trustless Financial Era」を翻訳・校正したものであり、ビットコイン・エコシステムの開発に関する進捗について全般的に取り扱っています。この記事は、合計4部シリーズで構成されており、DeSpreadで翻訳し、CryptoTimesで校閲しています。2023年12月に作成された英文のオリジナルレポートの全文は、このリンクを通じてご確認いただけます。

ビットコインレイヤー:信頼不要な金融時代の綴り


Part 1. エグゼクティブサマリー


1. ビットコインに投資された8500億ドル以上の資本のほとんどは未活用のままです。

ビットコイン・ネットワークの安定性とセキュリティはBTCに持続的な価値を提供するだけでなく、かなりの資本を蓄積できるようにし、当該レポートの執筆時点でビットコインの市場価値は8500億ドルを超えました。

しかし、ビットコイン・ネットワークはプログラム可能性、技術的拡張性、および開発者コミュニティ内の文化的な調和に関する多くの課題に直面しています。これらの要因は歴史的にビットコイン・ネットワークの発展を妨げ、その結果、ビットコインは未活用のままであり、多くの資本が休眠状態になっています。

2. ビットコインの環境に訪れた重要な変化は、ビットコインの巨大な潜在能力を発揮する可能性を秘めています。

この休眠資本であるビットコインを活性化するには、ビットコイン・ネットワークの可能性と能力を完全に引き出すことが不可欠です。

これまでに、ビットコイン上で、あるいはビットコインに隣接する技術を構築するさまざまな取り組みが進められ、スマートコントラクトの導入や取引の高速化、そして新しいユースケースを可能にする拡張性の向上などが実現されました。

これにより、ビットコインは単なる価値の保管手段(Store of Value / SoV)を超え、信頼を必要としない金融システムの基盤技術プラットフォームへと進化しています。

しかしながら、これらのアプローチには、柔軟性、パフォーマンス、セキュリティモデルの面でいくつかの制約が存在しています。

3. Ordinals(オーディナルズ)はビットコインビルダー文化のルネサンスをもたらしました。

Ordinalsの導入によって、「ビットコインNFT」をはじめとするアプリケーション用途へのビットコインLayer-1(ビットコインメインチェーン)の使用が増え、ビットコインに対する大きな文化的変化がもたらされました。

さらに、Ordinalsプロトコルにおいては、再帰的インスクリプションやBRC-20などのさらなる革新も見られました。しかしながら、このLayer-1の使用の増加はビットコインのパフォーマンスと拡張性に制約を生じさせ、その結果、ビットコインの取引手数料が大幅に上昇するという問題も引き起こしました。

4.ビットコイン・レイヤーは拡張性に注目しています。

「ビットコイン・レイヤー(Bitcoin Layers)」はイーサリアムのレイヤーアーキテクチャに類似しており、ビットコインの制約を克服するための戦略的な取り組みを示しています。これらのビットコイン・レイヤーは、プログラム可能性、高速なトランザクション、データの利用可能性、アプリケーション機能性などを提供します。

このアプローチはビットコインのセキュリティと安定性を生かしながら、ビットコインの膨大な資本の活用を目指します。既に高速決済を可能にするLayer-2プロトコルとしてライトニング(Lightning)がありますが、他のレイヤーは高速トランザクションと拡張性に加え、スマートコントラクトなどのより高度な機能を提供します。

5. ビットコインのレイヤー2ソリューションの戦略的な採用は必要不可欠です。

ビットコイン・レイヤー1は、セキュリティと分散化を重視した設計のため、スマートコントラクトを通じたプログラム可能性が不足し、トランザクションの速度が遅いという制約を抱えています。

セグウィット(SegWit)やタップルート(Taproot)などの過去の主要なアップグレードが以前の問題の一部を解決したかもしれませんが、スマートコントラクトの需要、ガス料金の増加(今年最大で280%以上の上昇に対しイーサリアムは160%以上上昇)、そしてビットコインのブロックスペースへの強力な需要は、Stacksなどの洗練されたレイヤー2ソリューションの必要性を強調しています。

Stacksは2024年第2四半期に「ナカモトリリース」と呼ばれる重要なアップグレードを控えており、これにはビットコインのLayer-2としてStacksを進化させる要素が含まれています:スマートコントラクトサポート、BTCアセットのアプリケーションへの導入、ビットコイン・リオーグ(reorg)のセキュリティとファイナリティの100%の継承、高速トランザクションの提供。

戦略的に使用可能なレイヤー2の選択肢が増えることで、競争と開発者の関心が高まり、イノベーションと拡張性が促進されるでしょう。

6. ビットコインエコシステムは機関採用に有利な立場にあります。

2024年の半減期イベントに先立ち、ビットコイン・レイヤー2における活発な開発が行われていて、拡張可能で安全なエコシステムを生み出し続けています。複数のビットコイン現物ETFの承認が期待される中、機関投資家の関心は増加し続け、ビットコインは伝統的なシステムと分散型システムが結合した新しい信頼不要の金融パラダイムの最前線に立っています。

===

"Bitcoin Layers: Tapestry of a Trustless Financial Era" 記事全文: リンク

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    Bitcoin

    DeSpread

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.