Header Navbar Logo

有料記事

ゲームのためのカスタムチェーン革命:Avalanche Subnetについて

投稿日 2024年 01月 04日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

翻訳元:https://xangle.io/en/research/detail/1707

ブロックチェーンゲーム業界の変革


ブロックチェーンは、特にエコシステムコントリビューターの権利と利益を様々な手法で強化することによって、ゲーム業界に新しいパラダイムを導入しています。

その目的は、透明で信頼できるゲーム・エコシステムを確立することです。

その結果、ブロックチェーンゲームは従来のゲームと比較して、より洗練されたユーザー参加、経済システム、運営方法を取り入れています。

Untitled 1

エコシステムコントリビューターの権利と利益の強化


  • リワード:ブロックチェーンゲームは、開発者、コンテンツ制作者、プレイヤーを含むエコシステム内のすべてのコントリビューターにリワードを提供します。参加とコントリビュートに結びついたインセンティブを提供することで、ブロックチェーンゲームはゲームのエコシステムを積極的に刺激します。
  • 意思決定: トークン・ベースのガバナンスにより、ユーザーはゲームの意思決定プロセスに参加することができます。この民主的なアプローチは、開発者のみならず様々なユーザーの多様な視点を取り入れ、ゲームの開発と運営に影響を与えます。

透明で信頼できるゲーミング・エコシステムの確立


  • ブロックチェーンゲームは、スマートコントラクトを通じてゲーム内アセットの供給と分配を自律的に管理し、ブロックチェーンに記録して全ユーザーに透明性を持って共有します。これにより、ゲーム内資産の流れや取引の透明性が向上し、より正確な商品の評価につながります。さらに、ユーザーは公開されているオンチェーンデータを使用してゲーム内の活動記録を検証できるため、ゲーム内での不正行為を減らし、公正なゲーム環境を育成することができます。

Avalanche Subnet 101:カスタムチェーンガイド


ブロックチェーンゲームはイノベーションをもたらす一方で、ネットワークの信頼性の問題、トランザクションの遅延、スケーラビリティの懸念といった技術的な課題にも直面しています。

例えば、ネットワークの過負荷によるトランザクションの遅延は、ゲーム内のインタラクションに悪影響を及ぼす可能性があります。

さらに、ネットワークのスケーラビリティ限界に起因するトランザクションの高コストや、ゲームの特性に合わせたブロックチェーンの作成の複雑さが障害となることもあります。

Untitled 2

こうした課題に対処するため、AvalancheはSubnetと呼ばれる効果的なソリューションを導入しています。

Subnetは、各プロジェクトがその特定の要件に基づいてカスタマイズされたチェーンを構築することを可能にする、独立したチェーンネットワークです。

ブロックチェーンゲーム開発者は、スマートコントラクトを展開するために、Avalancheのメインチェーン(Cチェーン)とサブネットのいずれかを選択できます。この決定は、彼らが開発しようとする望ましい機能とシナリオに依存し、柔軟性とカスタマイズ性を提供します。

Untitled 3

ゲーム開発において、柔軟でカスタマイズされた環境が求められ、安定性とセキュリティが優先される場合、Subnetの活用が理想的な選択肢となります。

Subnetは独立したチェーンとして機能するため、開発者はゲーム固有のロジックを確立し、自律的な運用環境を構築することができます。

例えば、ガス料金支払いシステムやEVMなど、カスタマイズ可能な機能は、ゲーム独自の要件に合わせることができます。

この適応性により、ゲーム開発者はゲームに不可欠な機能を効率的に統合することができ、コストとリソースの削減につながります。

さらに、Subnetは独自のトランザクション処理能力により、スケーラビリティとサービス品質を向上させます。

トランザクションのファイナリティ(Time to Finality)をメインチェーンに依存せずに運用することで、ゲームサービスは他のプロジェクトのトランザクションの影響を受けず、一貫して安定したユーザー体験を保証します。さらに、堅牢なセキュリティとユーザーデータの完全性を保証するために、アクセス制御とプライバシー機能を設定することができます。

Subnetの採用は不透明、しかしながらリソースとコストを節約する必要がある場合、戦略的アプローチとして、AvalancheのメインネットワークであるC-Chain上で開発を開始することができます。

その後、必要に応じて、アセットをSubnetに柔軟に移行することができます。

Subnetの活用戦略 ツーリングと共同プログラム


Avalanche Subnetは本来、技術的に大きな利便性を提供しますが、多様なツールやサポート・プログラムを通じて、ゲーム開発者にさらなる利点を提供します。

このアプローチは、ゲーム開発者が創造的で画期的なゲームを作成および管理する際に、Avalanche Subnetの機能を活用するためのプロセスを簡素化します。

Untitled 4

ゲームツールのエコシステム


  • Avalanche CLI: エアドロップの設定、ガスコストのカスタマイズ、ガスパラメータの調整などの複雑なプロセスを簡素化し、ブロックチェーンインフラストラクチャの知識が乏しい開発者がSubnetを迅速に展開できるようにします。
  • AvaCloud: Ava Labsが開発したWeb3のスターターキットで、コーディングの必要なくSubnetのデプロイとスケーリングを容易にし、ゲーム開発者の時間とリソースを大幅に節約します。
  • Stardust Game Toolkit: Stardustは、ゲーム開発者がわずか数行のコードでNFTをゲームにシームレスに統合できる簡単なソリューションを提供します。
  • Moralis Unity SDK: MoralisのUnity SDKは、ゲーム開発者がAvalancheブロックチェーンのデータをゲームに簡単に統合できるようにします。このSDKにより、Avalancheネットワークからのリアルタイムのブロックチェーン・データがゲーム内のインタラクションを強化し、プレイヤーにより没入感のある体験を提供します。

共同プログラム


  • Arcad3:Avalancheブロックチェーンを活用したゲーム開発に参入するWeb2ゲーム企業に対し、NFT、技術インフラ、Web3文化、ブロックチェーンゲーム戦略などの専門知識を提供し、技術・ビジネス支援を行うプログラム。現在、GREEやNeowizなどの大手Web2ゲーム会社が積極的に参加しています。
  • Avalanche Multiverse:Subnetエコシステムの拡大に向け、ゲーム、DeFi、NFTなど多様なプロジェクトに総額2億9000万ドルもの多額のインセンティブを提供するプログラムです。
  • Blizzard:Avalanche Foundation、Ava Labs、Polychain Capital、Dragonfly Capitalなどのコントリビューターから2億ドルを超える印象的な資金プールを持つこのプログラムは、Avalancheブロックチェーンやエコシステムの開発、成長、革新を強化することを目的としています。

Avalancheは、Subnet上での戦略的なゲーム開発を目指すプロジェクトに対し、包括的な技術およびビジネスサポートを提供しています。

AvaCloudやStardustを含む様々なツールキットは、ゲーム開発者にとってブロックチェーン技術へのアクセシビリティを高め、限られた専門知識でも簡単にSubnet上でゲームを作成することを可能にします。

Arcad3、Avalanche Multiverse、Blizzardのようなプログラムは、Web2ゲーム企業にブロックチェーンゲームのコンセプトや戦略を教育するだけでなく、想像力に富んだ革新的なゲームの開発を無理なく進めるための資金援助も行っています。

これらの複合的な要因により、Avalanche Subnetはゲーム開発のための強力なツールとして確立されています。

驚異のWeb3ゲームがAvalanche・Subnetに登場


Avalancheゲームのエコシステムは、Subnetの採用により急速に進化しています。

数多くのAAAティアのゲームスタジオがSubnetを採用し、画期的なゲーム体験を創造し、NFTベースのデジタル経済システムをシームレスに統合しています。

このセクションでは、Avalanche Subnetで現在開発中のエキサイティングなゲームを紹介します。

Untitled 5

Source: SHRAPNEL

SHRAPNEL は、Unreal Engine 5 を使用して開発された、近日発売予定の AAA FPS (ファーストパーソンシューティング) ゲームです。

『HALO』、『Call of Duty』、『Westworld』といった有名タイトルを手がけたチームが開発したこのゲームは、Polychain CapitalやDragonfly Capitalといった著名なベンチャーキャピタルから出資を受けています。

2044年の地球を舞台に、プレイヤーは資源採掘や戦闘に従事し、NFTベースの経済システムを通じてゲームのコンテンツ制作に貢献します。SHRAPNELチームがSubnetを選択した理由は、その卓越したカスタマイズ性とセキュリティ機能です。ゲームの発売は2024年を予定しています。

Untitled 6

Source: Off The Grid

Off The Gridは、AAAゲームスタジオGunzilla Gamesが開発中のサイバーパンク・バトルロイヤルゲームです。

Avalanche Subnetを基盤とするGUNZプラットフォームに統合されたこのゲームは、NFTベースのデジタル経済システムを導入し、プレイヤーに完全な所有権を付与します。

Gunzilla GamesはAva Labsと共同で、"Avalanche Subnetの高いスケーラビリティとセキュリティを活用し、最高のゲーム体験を提供する "意向を表明しています。

Untitled 7

Source: MetaDOS, Avalanche

デイリーアクティブユーザー(DAU)40万人を誇るゲームスタジオ、DOS Labsのバトルロイヤルゲーム「MetaDOS」は、最大200人のプレイヤーが対戦し、制限時間内に生き残ることを目指します。

DOS Labsは、ガス代がかからず、Subnet経由のトランザクション速度が速く、シームレスなユーザー体験を提供することを目指しており、Web2のプレイヤーをWeb3に取り込むことを意図しています。

SubnetによるAvalanche Gaming Ecosystemの展望


Avalanche Subnetは、その優れたパフォーマンスと柔軟なカスタマイズ機能により、世界中のゲーム会社にとって魅力的な選択肢として浮上しています。

特に、Crafton、Comptus (XPLA)、WeMade (WEMIX)などのゲーム業界の大手企業は、Avalanche Subnetのテクノロジーの軌跡に合わせて、独自のチェーン開発に力を注いでいます。

しかし、独自のチェーンを構築し、維持するための労働集約的で高価なプロセスとは対照的に、Avalanche Subnetは、比較的低コストで高性能チェーンの展開を容易にする堅牢な代替手段を提供しています。

これは、日本の大手ゲーム会社GREEやSHRAPNELなど、Web3ゲーム分野の著名なプロジェクトがAvalanche Subnetを採用していることで実証されています。

Avalancheは、Web3ゲーム市場の進化の先鋒として極めて重要な役割を果たしており、Subnet技術を通じて革新的なパフォーマンスと適応性を提供することで、ゲーム業界の従来の境界線に挑戦しています。

大手ゲーム企業との提携やSubnetの推奨は、Avalancheサブネットが単なる技術的進歩ではなく、ゲーム業界の将来の展望を形成する重要な要素であることを裏付けています。

Avalancheがゲーム部門に革命をもたらし、Web2とWeb3の境界線を曖昧にする中、Subnetの力によってWeb3ゲーム業界の継続的な成長を切望しています。

著者Xangle各種インフォ


Xangle — Website | Twitter | Telegram

免責事項



・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。

・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。

・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

・本レポートは、Xangleが作成に協力しています。Xangleや筆者は、本文中で触れている暗号資産を保有している可能性があります。こちらのレポートに書かれている見解は、筆者の個人的なもので、情報提供のみを目的としています。トークンの売買やプロトコルの利用を推奨するものではありません。また、本レポートは投資アドバイスではないことをご留意ください。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    無料公開

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.