Header Navbar Logo

有料記事

PayPalが展開するクリプト関連事業とステーブルコインpyUSDの動向と考察

投稿日 2024年 01月 29日

Featured Image

記事のシェア

目次

前回のレポート

本レポートでは、PayPalが2023年8月に発表したpyUSDの概要について解説を行います。

PayPalは、2020年10月にクリプトに参入、その後2023年8月には、独自のラベルが付いたステーブルコインであるpyUSDをローンチしており、Web2、フィンテック系の企業の中では最も早い動きを見せている企業の一つであると筆者は感じています。

pyUSDは、USDC/USDT同様のフィアットを担保としたステーブルコインですが、様々な戦略を通じて時価総額を伸ばしており、ローンチから数ヶ月で3億ドルまで到達しています。

レポートでは、pyUSDの紹介に併せて、PayPalがこれまで、クリプト関連のビジネスにどのように取り組んできたのか、またステーブルコインへの参入を通してどのような戦略を展開してきたのかを紹介します。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    DeFi

    特集記事

    Stablecoin

目次

記事のシェア

Navbar Footer Image

© CT Analysis. All rights reserved.